男性

医療機関を選ぼう

毎日ヒゲを剃るのが面倒だと感じ、ヒゲ脱毛を考えているのであればしっかりと施設を選ぶことが大切です。ヒゲ脱毛を行う施設の選び方のポイントは、医療機関を選ぶことです。なぜ医療機関を選ぶのがいいのかというと、脱毛サロンに比べて効果が出やすいからです。脱毛は細胞を破壊や変異させることによってもう生えてこないようにする行為なので、医療行為にあたります。したがって医師が施術を行わない脱毛サロンでは永久脱毛をすることができないのです。脱毛サロンは強い照射で脱毛することができないので、抑毛や減毛にとどまります。しっかり脱毛してもらいたいなら医療機関を選ぶようにしましょう。

脱毛機をチェックしよう

ヒゲ脱毛を行うのに医療機関を選ぶのであれば、使用している脱毛機をチェックすることが大切です。特に日焼けなどをして肌が黒い方は脱毛機をしっかり確認することがポイントになります。肌の色によっては使用することができない機器があるからです。なぜ肌の色によって使用できない脱毛機があるのかというと、レーザー脱毛では、レーザーが黒色メラニンに吸収して発熱することによって毛が生える細胞を壊すことができるからです。したがって肌が黒い人が行うと火傷してしまう恐れがあるので、肌が黒い人でも使用できる蓄熱式の脱毛機がある医療機関を選ぶようにしましょう。

前日に行うべき準備とは

ヒゲ脱毛を行う際にはしっかりと準備をすることが大切です。ヒゲ脱毛の前日までに準備しておくことは、肌を保湿しておくことです。肌を保湿しないで乾燥したままの状態だと、施術をした後に炎症を起こしてしまう場合があるからです。前日に化粧水や乳液などで肌をケアすることによって、肌のバリア機能が高まり炎症を防ぐことができます。他にも前日の過度な飲酒を控えることも大切です。体調もしっかり整えておくようにしましょう。

当日に行う準備とは

ヒゲ脱毛の当日に準備しておくことは、朝ヒゲを剃ることです。ヒゲ脱毛を行う際には、朝ヒゲを剃るのがベストであると言えるからです。前日の夜に髭を剃る習慣がある人もいるかもしれませんが、それだとヒゲ脱毛を行う時に少し生えてきてしまうことがあるので注意する必要があります。医療レーザー脱毛の場合は、黒いところに反応して脱毛することになるので、剃り残しや少しヒゲが伸びた状態だとレーザーの光が毛根まで届かない場合があるからです。そうなると脱毛効果が薄れてしまうので、朝しっかりヒゲを剃るようにしましょう。他にも持ち物のチェックをすることも大切です。身分証明書や届出印など持参すべき持ち物を持ってこないと施術できない場合があるのでしっかり用意しておくことがポイントになります。ヒゲ脱毛をする時は、マスクを持っていくこともおすすめします。施術後は口の周りがちょっと腫れてしまう場合があるので、マスクはそれを隠すのに最適だからです。